PR

サッカーで怪我をしないためにするべきこととは?原因と予防策を解説!

サッカー

サッカーで怪我をしてしまい試合に出れなくなり、悔しい思いをしたことありませんか?

特に大きな大会の前に怪我をしてしまったら今までの努力が水の泡になってしまいますよね。

怪我をしやすい人は入念にストレッチをしていなっかたり、筋肉量の不足であったりさまざまな原因が考えられます。

そこで本記事ではサッカーで怪我をしてしまう原因と予防策について解説していきます。

ひろコーチ
ひろコーチ

僕自身も怪我でベンチ外になってしまい悔しい思いをしましたが、最終的にはスタメンを獲得し、チーム内アシスト・得点王まで獲得することができました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事をおすすめしたい人
  • サッカーで怪我に苦しんでいる人
  • 予防策を知りたい人
  • 子どもに怪我をさせたくない人

サッカーで怪我をしてしまう原因

サッカーで怪我をしてしまう原因について解説いたします。

サッカーで怪我をしてしまう原因
  • 相手との衝突
  • コンディション不足
  • 筋肉量や体力の不足
  • プレー技術の不足

主にこのようなことが原因に挙げられます。

サッカーは激しい当たりのスポーツなので怪我は付き物です。しかし、いかに怪我に強いカラダを作れるかが大切です。

上記について1つずつ解説していきます。

相手との衝突

サッカーの怪我で最も多い原因と考えられるのは相手との衝突でしょう。プロの試合を見ていても相手との衝突で怪我を引き起こすケースが多いですよね。

サッカーは当たりが激しいスポーツで当たり方によっては大きな怪我に繋がることも。

相手からのタックルや蹴り、肘打ちなどで怪我が起こることが多いです。

プロのような強いカラダを持っている選手でも怪我をします。そのため、絶対に怪我をしないカラダ作りは難しいですが、相手と衝突しても負けないカラダ作りが必要です。

コンディション不足

試合前のウォーミングアップアや日頃からのストレッチやケアなどを怠っていると怪我に繋がりやすいです。

強豪校などでは専属のトレーナーなどがいてストレッチやケアを入念に行うチームもありますが、一般的な学校やチームにはなかなかトレーナーはいません。

そうするとサッカーの練習だけしてストレッチやケアは何もしない人が多いです。しかし、ストレッチやケアは怪我を予防するためにとても大切なことです。練習前や試合前のウォーミングアップも怪我をしないために大切な事なので、しっかり行いましょう。

また、体調不調なども怪我を引き起こす原因になります。日頃から体調を万全にする必要があります。

筋肉量や体力の不足

筋肉量が少なかったり、体力が少なかったりすると怪我に繋がります。

サッカーは90分と試合時間が長いです。その中で突然の動きや相手との衝突が何回も起こります。そのため、それに耐える筋力と体力が必要になります。

また、ずっと走り続けていると疲労が蓄積し、怪我に繋がってしまいます。

怪我を引き起こさないために自分のカラダに適した筋肉量と体力をつける必要があります。

プレー技術の不足

カラダの面はもちろん技術不足でも怪我を引き起こします。

例えば、ボールの蹴り方や力の入れ方などが間違っていると関節や膝に負担がかかり怪我に繋がるでしょう。上手い下手ではなく、正しいサッカースキルを身に付けることが大切です。

ひろコーチ
ひろコーチ

僕のSNSではサッカースキルを動画にしています!参考にしてみてください!

サッカーで怪我をしないための予防法

サッカーで怪我を防ぐためには予防をしておくことが大切です。

怪我をしなたいめの予防法
  • 毎日ストレッチやケアを行う
  • 睡眠時間を確保する
  • 筋肉をつける
  • 休養をする
  • バランスの良い食事を心がける

サッカーは激しい衝突や長時間のゲームなどから疲労が蓄積されやすいです。

しかし、蓄積したままにしてしまうと怪我に繋がる可能性が高くなります。部活の時間内でストレッチなどができなかったとしても家で入念にストレッチやケアを行うようにしましょう

また、何か違和感がある…、足が痛い…など異変を感じたら無理して練習に参加しないようにしましょう。学校が終わった後にサッカーをし、休日も練習や試合となると休養の時間が取れず怪我が悪化してしまいます。

自分のパフォーマンスを最大限にするためには休養も大切です。

そして何よりもカラダ作りを行うことが怪我の一番の予防法になります。

  • 筋肉をつける
  • バランスの良い食事を心がける

上記2つを意識することで怪我をしにくいカラダ作りを行えるでしょう。

ではどう意識したらいいでしょうか。下記で解説いたします。

怪我しないカラダ作りにはプロテインを活用

  • 筋肉をつける
  • バランスの良い食事を心がける

先程説明した上記2つを意識するにはプロテインを活用することがおすすめです。

筋トレを行い筋肉をつけることはもちろんですが、トレーニングや練習後にプロテインを飲むだけで筋トレの効果はより高まります

また、プロテインには栄養素も含まれているので普段好き嫌いをしてしまったり、食が細かったりする人はプロテインを飲むことで栄養素を補うことができます。

どうせ変わらない…そう思っていると周りの選手にどんどん抜かされてしまいます。強豪校のチームではほとんどがプロテインを飲み強いカラダ作りを行っています。

ぜひプロテインを活用しましょう!

ひろコーチ
ひろコーチ

小学生・中学生と高校生別にプロテインのメリットや正しい飲み方を紹介しています↓

小学生・中学生向け
高校生向け

【親御さん必見】子どもにバランスの良い食事を食べさせよう

子どものカラダ作りには親御さんの協力も必要です。

お子さんの食事を毎日作っている人が多いと思いますが、栄養バランスを考えた食事を食べさせてあげていますか?プロの選手は管理栄養士の指導のもと栄養バランスの良い食事を食べ、カラダ作りを行っています。

このようにお子さんのカラダを強くするためには食事の改善も重要です。では知識もないしどうしたら良いのか…方法は2つあります。

お子さんのカラダ作りのためにできること
  • 子どもにプロテインを飲ませる
  • 資格を取り栄養バランスについて知識を深める

子どもにプロテインを飲ませる

栄養バランスについての知識があまりなく、どうすれば良いんだろう…と疑問に感じた方はまずはお子さんにプロテインを飲ませるようにしましょう

水や牛乳などと割って簡単に飲むことができ、栄養素も含まれているのでおすすめです。

ただし、食事に置き換えることはせず食事にプラスして、また、運動後30分以内に飲ませるようにしましょう。

それだけでお子さんのカラダは強くなっていきます。

ひろコーチ
ひろコーチ

僕のおすすめはこちらです↓

\マイプロテイン/

  • 60種類以上の豊富な味とフレーバー
  • ・配合栄養素はたんぱく質・必須アミノ酸・BCAA
  • ・たんぱく質が1食(25g)あたり21g配合

資格を取り栄養バランスについての知識を深める

これから子どもを強豪校に入れさせたい、プロサッカー選手になってほしい!そんな願いをお持ちの親御さんは資格を取って栄養バランスについての知識を深めることがおすすめです。

知識をつけることでお子さんの強いカラダ作りはもちろん自分自身の食事の見直しにも繋がります。

食事を改善することで、強いカラダ作りの他に疲労回復効果や健康維持などさまざまなメリットが挙げられます。

ひろコーチ
ひろコーチ

ちなみに僕はスポーツ栄養プランナーの資格を所持しています!勉強をしたおかげで強いカラダ作りができ、サッカーの動きも変わりました!知識があるかないかだけでサッカーの技術も大きく変わるんだと驚きました!

おすすめの資格は

  • 食生活アドバイザー
  • スポーツ栄養プランナー

上記2つがおすすめです。

食生活アドバイザーは食事の栄養バランス、スポーツ栄養プランナーはスポーツをしている人を支えるための資格です。

どちらでも栄養バランスの知識は身に付けられるので、自身に合ったほうを選んでみてください。

【まとめ】怪我の予防はカラダ作りから

怪我を予防するにはカラダ作りが大切です。

サッカーは衝突が激しいスポーツなので必然的に怪我も起こりやすいと言えます。100%怪我を防ぐことは難しいですが、本記事で解説したことを参考にすればかなり怪我の軽減に繋がります。

ぜひ、本記事を参考に怪我をしないカラダ作りを目指していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました